大阪市内へのアクセスにも便利な東大阪

東大阪へ引っ越す人は、東大阪がどのような場所が気になっていると思います。
東大阪は、大阪府の東側に位置しており、隣に奈良県生駒市があります。また、鉄鋼の加工工業も盛んで多くの工場が集中しているという特徴もあります。
東大阪が全国的に有名なこととして、こうした工場の他に、花園ラグビー場などスポーツで知られることがあります。
東大阪市からは、大阪市内へアクセスには電車を使う人が多く、3つの路線でそれぞれ、東大阪の北、中央、南を走っているので、移動にも困ることは少ないと思います。
そんな東大阪で新しい生活をする人に、東大阪の治安や賃貸情報など、生活で必要となる情報についてご紹介したいと思います。

東大阪で暮らすメリットは?

東大阪で暮らすメリットはどんなことがあるでしょう?
東大阪といえばイメージとすれば下町、大阪の近くといったイメージかと思います。
やはり大阪にはすぐに行ける距離にあるので、通勤や通学にも便利ですし大阪に比べると家賃が安くなります。
難波や梅田にも近く、奈良にも近いので奈良の学校や会社にも通いやすくなっています。
東大阪には田舎ずきるわけでもありませんが、都会すぎるわけでもなく丁度良い住みやすさがあります。
商店街も栄えているので、商店街で買い物をすれば物価も安くて美味しい物が手に入ります。
東大阪は美味しい店が多いことでも有名です。
またショッピングモールもあちこちにあるので、生活に困ることはありません。
住宅ですがマンションだけでなく1戸建住宅も多いので、1戸建住宅を検討している人にも向いているといえます。
またものづくりの町としても有名ですし、工事もたくさんあることから職にも困りません。
そして何よりの魅力は人の暖かさです。
関西色が最も強い東大阪は、知らない人にでも話しかけたりするようなフレンドリーな生粋の関西人が多く住んでいます。
だからこそ困ったことがあれば助けてもらえる、そんな人情味のある町です。

東大阪の特徴とは?

東大阪市は、大阪の中でも、ものづくりの町として知られていて、工場の数がとても多いのが特徴であると言えるでしょう。
多種多様な製品が生産されていて、何でも揃っている東大阪としても知られています。
さらに、新技術などを開発して、注目される企業も最近では出てきていると言えるでしょう。いくつか有名な企業の発祥地でもあると言えるでしょう。
アイリスオーヤマや、その他ハウス食品などもこちらの東大阪から生まれたことでも知られています。東大阪も西部と東部ではその様子なども全く違っているのも特徴です。東大阪と行っても、とても範囲が広いため、その雰囲気なども地域によって異なりますし、さらには治安の良さなども異なると言えるでしょう。駅周辺には、パチンコや飲食店が建ち並んでいて、さまざまな店があります。しかし、ごみごみとしている雰囲気がある中でも、住宅街が広がっているため、ファミリー層でも住みやすい町であると言えるでしょう。
近鉄も通っているため、買い物にも不自由することがなく、難波までのアクセスも良く、奈良へのアクセスもあります。
生駒山に近づくにつれて田舎になっていくので、ほどよく都会な分住みやすいと言えるでしょう。

東大阪市花園ラグビー場

全国高等学校ラグビーフットボール大会の会場「花園ラグビー場」は東大阪市にある。奈良県との県境の生駒山系を望む東大阪市は人工衛星の開発を手掛けるなど高い技術力の町工場で有名である。
歴史は東京の秩父宮ラグビー場が戦後に「東京ラグビー場」として誕生、秩父宮雍仁親王を偲んで名将を変更されたのに対して、ラグビー愛好家でもったその秩父宮雍仁親王が当時この地を訪れた際に”ここにラグビー場を”と進言し、1929年にできたのが花園ラグビー場である。
花園ラグビー場は近鉄東花園駅から徒歩10分、ちょうど、大阪と奈良の間にあり、大阪、奈良、京都にはラグビーの強豪校がひしめき、小学生チームの数多く存在し、聖地「花園」は身近な憧れである。場内にはラグビー資料館もあり、国内のみならず、海外のラグビーの歴史、伝説のラガーマンのユニホームなどが展示されている。
かつては日本代表のテストマッチも数多く開催されていたが、地方の競技場も充実しており、テストマッチの開催はあまりない。
しかし、2019年のラグビーワールドカップの開催地となり、改修工事により、生まれ変わった”花園”でまた新たなドラマが生まれることを楽しみにしています。